商品

除菌+空気清浄機「カムフォールド」ブラック

OUI-W101-black
OUI-W101-black
OUI-W101-black
OUI-W101-black
OUI-W101-black

業界初のトリプル機能でウィルスや化学物質を分解、高い空気清浄能力を持ちながら静音設計で、デザインにもこだわった新しい当たり前にふさわしい空気清浄機。

1台で2つの機能。空気清浄と空間除菌のどちらもこの1台でOK!

空気中のウイルスには空気清浄機が有効ですが、これだけでは家具や衣類に付着したコロナウィルスの感染を防ぐことはできないため、オゾンによる空間除菌も必要です。
海外の査読性医学誌「The Lancet」によると、コロナウイルスは木材や布で最大48時間、プラスチックやステンレスでは最大72時間残存できるとされています。
カムフォールドなら、空気を浄化する空気清浄機能と、部屋全体の除菌ができる空間除菌機能を搭載しているので、別々の機器を2台購入する必要はありません。

動画で確認できるので設置も取替も安心

文字や画像だけではわかりにくい部分も動画でご確認いただけます。
https://www.youtube.com/channel/UCViNeOMeu5c05oEGt6FiDtw

在庫状態 : 在庫有り

販売価格  ¥137,500(税込)

数量  

※表記面積に関しては当社基準にて臭気を30分で人の感覚で気にならないレベルで表記しています。
(臭気に関しては使用環境により異なります。)
※電力料金は目安単価27円/kwh(税込)で計算しています。

商品名

COMFORLD(カムフォールド)CF101

方式

コロナ放電+オゾン+紫外線 トリプル方式

紫外線殺菌ランプ

CCFL 紫外線強度 300 μW/cm2/10cm

オゾン発生量

運転時 0.03ppm以下 オゾン発生モード除く

寸法

幅330×高さ440×奥行81

重量

4kg

本体材料

ABS樹脂

ACアダプター

定格入力:AC100V 50/50Hz共用 定格出力:DC 12V

風量モード

スリープ:弱:中:強:オゾン

消費電力

6W:7.7W:8.8W:9.9W:9W

1時間当たりの電気代

0.16円:0.19円:0.24円:0.26円:0.25円

運転音

10db:10db:35db:50db:65db

待機時消費電力

約0.1W

適用範囲(運転目安)

50㎡〜80㎡(室内の大きさによりモード調整)

電源コード長さ

3.5m(ACアダプター2m+電源コード約1.5m)

加湿機能

なし

製造国

日本国

オゾンのメリットとデメリット
オゾン(O3)は、酸素原子(O)が3つに結合した物質で、酸素(O2)に放電や紫外線を照射することによって発生し、熱や光によって酸素(O2)に戻ります。一般的にオゾンは不安定な物質で、酸素にすぐに分解してしまいます。しかし、発生部分では濃度が高く検知されることもあります。

低濃度のオゾンは自然環境にも存在しており、通常の大気中にも0.005 ppmのオゾンが含まれています。また、日差しの強い海岸では0.02~0.05 ppm、森林では0.02~0.05 ppmのオゾンが観測されることもあり、太陽から到達する紫外線の影響を和らげています。

日本産業衛生学会では作業環境基準としての許容濃度を0.1ppm(0.2 mg/m3)と定めており、人体への影響については、日本オゾン協会などが環境基準や指標を公表しています。
0.01 ppm:敏感な人が臭気を感じる
0.02 ppm:オゾン特有の臭気を感じる
0.05 ppm:日本空気清浄協会の許容濃度
0.06 ppm:光化学オキシダントの環境基準値
0.1 ppm~:鼻、のどへの刺激を感じる
0.2~0.5 ppm:視力の低下
0.4~0.5 ppm:上部気道への刺激の感知
0.6~0.8 ppm:胸痛感知、咳
1~2 ppm:疲労感・頭痛・頭重の感知、呼吸機能の変化
5~10 ppm:呼吸困難、脈拍増加、
50 ppm~:生命の危険が起こる
(特定非営利活動法人 日本オゾン協会「オゾンハンドブック」等より)

オゾンはその強力な酸化能力のため、天然元素の中ではフッ素に次いで高い殺菌力を持っており、脱臭・殺菌等に非常に有効な手段です。また、オゾンは自然界に存在している物質であり、分解すれば酸素に戻るため、薬品や化学物質のような残留毒性がないこともメリットです。ただし、濃度コントロールを間違えると、人体に対しても悪影響を与えるため、オゾンの取扱いには知識と経験が必要です。

COMFORLDは、長年オゾンに関わった技術者が開発した空気清浄機で、内部に空気を取り込んで除菌・消臭する機能を持ち、オゾンを出口で分解してイオン化することで、オゾンを安全な濃度まで下げることが可能になりました。また、運転モード(スリープ・弱・中・強)と部屋の大きさに応じてオゾン発生型紫外線発生ランプの出力を自動調整しており、安全性にも配慮をしております。